Artists

野外常設ステージ

皆様ズ

2010年結成。その卓越した社交性の無さから繰り出される多彩な愚痴の数々は 関係者からも一目置かれている。2013、14年と着実に年齢を重ね、来年には更に歳を取ること間違いなしの注目株。Vo.のヌンチャクには唯一無二の住所がある事でも有名。昨年はあの田中和将氏(GRAPEVINE)が「注目してます。特に…そうですね、注目してます」と言ってくれたら良いのにとずっと思ってました。ますます目を見て話せない、期待の真性だ!

はらぺこ

Vo.みおりとKey.松永で2008年に結成。

騒がしい雑踏も、暗く狭い部屋も、賑やかなサーカスも、あなたの好きなあの場所も
きっとここにある。目の前の景色が変わる音楽を、あなたは聴いたことがありますか?

57pictures

UK、ポストロック、シューゲイザーを経過した、邦ロックバンド。海外展示等も経験するイラストレーターをアートワークとしてメンバーに持ち、自然体で息の合った独自の世界観を表現する『音楽×アート』は評価も高い。優しくも、力強さを感じる美しい浮遊感をまとったサウンド、繋ぎとめる様なタイトなリズム、切なく心に寄り添う様な歌声。緻密に作り込まれた音楽は、熱量のあるステージングで昇華  される!茨城で結成され、現在は都内をメインに全国に活動の場を進めている。

SeaChild

都内で活動中の男女混合5人組みバンド。

 現在の北欧・北米・UKのインディーロックシーンに影響を受けたサウンドは、Arcade Fire,Team Me,Los Campesinosなどを髣髴とさせる。

また、男女混声コーラスによるハーモニーが持ち味で、ロードムービーを見ているかの様なストーリー性を感じさせる楽曲が特徴的。MINAMI WHEEL2014」出演。自主企画「TOKYO MASHUP」主催者。

Asyl.(福島)
キーボード、ドラム、DJで構成されるオルタナティブインストバンド。 
福島県いわき市にてマイペースに活動中。

 EARNIE FROGs(愛知)

根暗独特の感性が紡ぎだす詞の世界 男女ツインボーカルが絡み合う、

変幻自在のメロディライン

溢れ出す感情と音の洪水

ロックバンドの新しい可能性が今ここに

アコースティックステージ

麓和弘

Julyのフロントマン、[teo]A triの元ベーシスト。

アコースティックステージでは普段の激しいステージングとは打って変わって

ブルージーなギターを爪弾き、柔らかくスモーキーな歌声でもって魅せる。

昼間からアルコールを片手にお聴き下さい。今からは、大人の時間だ。

松下直樹
臆病な潔癖症。

夢見がちな現実主義者。

ひとつの希望に反旗を翻すシンガーソングライター。

ASSAN

ロック、レゲエ、ソウル、ヒップホップ、、20年間好き放題バンドしてきた男が周りがいい大人になってゆく中、一人ぼっちになってソロ活動をスタート。ギター1本でオーガニックなDUBサウンドを奏でる。4年連続で出演中の瀬戸内海ほぼ無人島フェス「牛窓ナチュラル・キャンプ」、FUJIROCK FESTIVAL会場内での「Board walk 祭」等、都内ではライブしない世田谷区民。台風で年間ライブ予定が全て中止になるサラリーマン。嵐を呼べども、ますます精力的な活動を続ける孤高のオッサン。

DJブース

isseiujiie
攻メのスタイルウジノミクス。
95年より活動をはじめ、来年20周年となる。
特別有名な訳でもないが無名にならないよう日々努力中。38歳、独身。男性。

yucci (SENSE)

2002年DJとして活動を開始。

首都圏を拠点とし、全国各地でのプレイをこなす。奇抜な選曲・奇抜な動き・奇抜な帽子の3拍子で、その場にいる誰もが踊り出したくなってしまうようなフロアを創り出す。また、一貫したアナログでのプレイや独特のパフォーマンス、そこから生まれる圧倒的なライブ感も、多くのオーディエンスを魅了し続けている理由である。2010年春には、インターネット上で行われた【渚音楽祭・DJ/アーティスト選手権(通称:渚チャンネル)】において、多数の支持票を得てファイナリストとなり、さらに秋には同選手権優勝。渚音楽祭に出演し、その名を全国に轟かせた。現在、SENSE @ AMRAX(渋谷)のオーガナイザー兼レジデントDJとして活動中。

α
undermine解散後、vo.gt.増田拓がαとしてソロ活動を開始する。
α名義で行うコンポーザー・DJ等の活動、増田拓名義での弾き語りに加え、
2013年には根本直哉(57pictures)、小林良介(pygmalion/apte)、中島龍一(plat home nine)
と共にathreepを結成し、gt.作詞作曲を担当するなど活動は多岐に渡る。
2014/7/19に自主企画"アリウム"を開催し、同日1st EP "athreep"をリリースした。

古河スパイダー

July

埼玉県川越市から誕生したスリーピース・エモーショナルロックバンド。

轟音と独特の歌詞世界が織りなす感情むき出しのバンドサウンドと、 

耳に残るキャッチーなメロディが特徴的。

半年ほどの活動休止期間を経て、2014年7月、現体制にて始動。

再び、精力的な活動でライブシーンを轟かす実力派バンドだ。

 

国立発 実験的変則スリーピース・インストバンド。
ノイズをテーマに実験的なセッションを重ねるが、
ポストパンク・'90sオルタナティブを経由した経験を活かし曲性にも重きを置く。
現在はギター二人を中心に活動中。

死んじゃうじゃんか

2013年8月、Vo武田、Gt杉山の2人で結成。

緩やかな声と浮遊するギター、揺れるリズムをもって、
生活の曖昧さや不確実な日常を「純粋な不透明さ」と表現する。
2014年9月より、Ba石丸、Dr浅野を加えた4人編成での活動を開始。